読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おゆとり様のお通りだ!

おゆとり様が現代に起こる様々なニュースを上から斬ります

箱根駅伝直前!駅伝マニアの私が箱根駅伝2017の見どころと優勝予想!

おゆとり様のお通りだ!

 

今日は、迫ってきた箱根駅伝について書いていきたいと思います。私はかなりの駅伝マニアです。高校駅伝や大学駅伝、一般の方にはなじみのない記録会などにも足を運ぶことがあるくらい好きです。

 

自分自身も中高時代に陸上をやっていたということで親近感が湧く競技です。

 

陸上・駅伝が大好きな私が箱根駅伝2017の見どころとして、5つのポイントを紹介したいと思います。

 

①コース変更がどのような影響を与えるのか?

2017年の大会から4区の距離が20.9kmになり、5区は20.8kmになります。4区は2.4km伸びで、5区は逆に2.4km短くなります。

 

これにより、4区がかつてのように準エース区間として、強い選手が投入されるようになります。3区よりいい選手が配置される可能性が高いです。

 

東洋の酒井監督も4区が重要だとおっしゃっていますので、4区にどんな選手を配置していくのか注目です。

 

距離は短くなったものの5区の重要度も変わりません。記録差が出ますし、山の神の誕生により、優勝争いが大きく変わってくることもあります。

 

②注目の優勝予想は?

 

【本命:青山】

ずばり青山学院大学ですね!特に今年度は強さが際立っています。エースの一色選手と3年生エースの田村選手の2枚は駅伝・トラック共に抜群の安定感。この2人を往路に投入することで、かなり逃げるのではないかと思います。

 

また、青山は選手層が厚い、厚すぎる。1年の鈴木、2年の森田が今年度台頭してきて主要区間でも走れそうな勢いです。今年の箱根で3区区間賞の秋山や6区区間2位の小野田そして、8区区間賞の下田がいます。さらに安藤、茂木、中村、吉永が控えるという恐ろしいチームです。

 

今挙げた選手が11人ですので、この中から選ばれると思います。ただ、5区は梶谷、貞永あたりという噂がありますね。

 

鈴木-一色-秋山-田村-梶谷(貞永)

小野田-森田-下田-安藤-茂木

※中村と吉永は全日本大学駅伝がいまいちだったので外れるのではないか?という勝手な予想です。

 

青学の不安要素としては、3代目山の神の神野選手が卒業したので、そこの穴をどう埋めるか?他大学に山の神が出てきた場合に5区は厳しい戦いが予想されます。

 

【対抗:駒沢、早稲田、日体、東海】

優勝に絡んでくるチームとしては、駒澤大学、早稲田大学、日本体育大学、東海大学あたりですね。

 

駒澤大学は中谷選手が復調していれば面白い。1区:中谷、2区:工藤、5区:大塚と核となる選手が区間賞に近いタイムで走れば青学の前にいてもおかしくないですね。

 

早稲田大学は4年生に力があります。武田、平、鈴木、井戸の4枚に永山と新迫と5区経験者の安井。この辺がかみ合えば上位に行きそうです。

 

個人的に一番注目なのは、地味ですが日本体育大学です。6区は区間記録保持者の秋山が健在で、28分台の選手が多くそろいます。日体大はエントリー上位10人の1万メートルの平均タイムが3番目です。ちなみに1位は青山学院大学、2位は山梨学院大学です。

※山梨学院大学を対抗に入れなかったのはニャイロと上田以外はそこまで駅伝の強さがないので、駒澤、早稲田、日体よりは下にくるという予想です。

 

③どこの大学が獲るのか?激烈なシード争い!.

順位予想になりますが、こんな感じになると思っています。

1位:青山学院大学

2位:日本体育大学

3位:早稲田大学

4位:駒澤大学

5位:東海大学

6位:山梨学院大学

7位:中央学院大学

8位:順天堂大学

9位:大東文化大学

10位:神奈川大学

11位:東洋大学

12位:明治大学

13位:帝京大学

14位:関東学連選抜

15位:日本大学

16位:創価大学

17位:法政大学

18位:國學院大學

19位:国士舘大学

20位:上武大学

 

下位は結構適当ですが、上位とシード権はマジメに考えました。シードから落ちるのは東洋大学と帝京大学の2チームで、シードに入るのは期待も込めて大東文化大学と神奈川大学の2チームと予想しました。

 

東洋大学と帝京大学は今年の大学駅伝で結果を残せていません。東洋大学は選手があまり力を発揮できていないですね。この流れは箱根も同じようになってしまうのではないかと思います。正直、服部以外は強い選手ではないという印象。肝心の服部も駅伝ではいまいちなので、シード落としてしまう予想。同じように帝京大学も目ぼしい選手がいません。今年度のファイアーレッドは厳しいかも・・・。

 

一方で予選会1位の大東は粒揃い。エースの原やルーキーの奈良が5区頑張ればシード獲れるのではないかと思います。同じように、神奈川大学は山藤と鈴木が2枚看板で1、2区に来そうです。ここで流れを作ってシード獲るのではないかという予想です。

 

最後に

12月29日が区間エントリー発表です。それを見てまたレース展開など予想を立ててみたいと思います。また、記事を書きますのでお楽しみに!